お歳暮を贈る時の礼儀

お世話になった人にお歳暮を贈ることは大切なことです。
しかし、品を贈るだけでなく、心のこもった文章などを添えることも必要です。

面倒かも知れませんが、それをすることで、随分と相手に対する心象を変えることができるのです。



まず、商品を選ぶことが大切です。
相手の趣味趣向を理解していなければなりません。
好むものを贈らなければ、感謝されることもありませんし、贈ってもらった商品の取扱いに困ってしまいます。


せっかく贈られたものを粗末に扱うことなどできません。


廃棄処分をしてしまうようでは、送り主の思いを汚してしまうことになります。


贈られた人は、使いみちをしっかり考えなくてはなりません。

ご自身で利用することができなければ、お客さんに提供することなどによって、お歳暮を有効利用することを考えなくてはなりません。



そもそも、贈り主が、相手が困るような商品を選ぶべきではありません。

相手の家族を考えるべきなのです。



年配の二人で生活しているならば、それなりの商品、例えば、お孫さんと同居しているような三世帯ならばお孫さんが喜んで食べられる、もしくは利用できるようなものを考えなくてはなりません。

多くの場合、食べ物や飲料などを贈ることが多いのですが、時には、日用雑貨を贈ってもよろしいです。


美味しいものを食べて欲しいと思い、産地の生鮮食品を選ぶ場合もありますが、すぐに消費してもらわなければ、腐らせてしまうこともあります。

お歳暮の商品ほど、相手の希望に見合った商品を選ぶことが大切なのです。