取引先相手のビジネス的なお歳暮について

師走が近づいてくると、そろそろお歳暮の用意をしなければならないと感じる人も多いことでしょう。

もともとお歳暮とは、お正月に神様を迎え、福を呼ぶためにお供えするための品物だったのですが、今日では、お世話になった人や親しい人への一年間の感謝と、翌年へのあいさつの意味を込めて、贈り物をするという行為を指していうようになりました。

身内や親戚に贈るのであれば、あまり細かな気遣いは必要ありませんが、仕事の上での取引先などに贈る場合は、それなりにルールがあるので知っておいてください。

まず、宛名ですが、特定の担当者にお世話になっている場合には、その方の名前を明記して贈ります。

それ以外は、会社宛て、支店宛て、部署名などで良いでしょう。



本来は風呂敷に包んで持参するのが、正式なマナーですが、先方の都合もあるでしょうし、多忙と言うことから、宅配便で送るケースが多いようです。

そのときには送り状をあらかじめ郵送しておくのが、正しいマナーと言えます。

品物に同封しておくか、できればお歳暮の到着よりも早く、送り状が届くようにしましょう。贈る時期は12月の上旬から20日頃までに到着するようにしましょう。月末に近いと何かと多忙でしょうし、失礼に当たるので、12月に入ったら、お贈りしてしまってかまいません。
ビジネスのお歳暮だと何を贈ればよいのか、迷ってしまいそうですが、簡単に分けられるものや、職場で使われる物が喜ばれます。
もし、地元に特産品があるなら、それを贈ってもよいかもしれません。



反対に、保存がきかない物や調理を必要とするものは、オフィスには向きません。