お歳暮に使うのしの書き方

この一年、お世話になった人々に、感謝の意味を込めて贈るお歳暮。12月の初旬から中旬ごろまでに贈るのが一般的です。

20日を過ぎると、師走の慌ただしい時期に入るので、なるべく早めに贈る様にしましょう。

贈り物の包装紙の上にはのしを貼ります。



紅白の水引きの描かれたのしを使用して、上段にお歳暮、下段にご自分の名前を筆ペンなどで記入します。
お歳暮は12月20以前に贈るのが普通ですが、都合があり20日を過ぎて年末になってしまった場合には、のしには寒中お見舞いと記入します。
年を越えて新年になってしまった場合には、御年賀と記入します。


ただし、受け取る相手側に不幸があった場合は、御年賀などといった表現は使わずに、寒中お見舞いとします。

1月7日以降になった場合には、寒中お見舞いと記入します。


お歳暮は、個人的にお世話になった方の自宅や、取引先の会社へ直接行って、挨拶をしながら直接手渡すのが常識です。
手渡す際には、風呂敷に包んで持って行くのが適切ですが、お店でもらった紙袋に入れて手渡しても良いでしょう。



遠くに住んでいたり、どうしても時間が合わないなどと行った場合には、宅配便を利用します。


その場合は、手紙を一筆書いて、宅配便と一緒に添えておくか、配達される前に挨拶の手紙を出すようにします。

お歳暮は、今年一年お世話になった方への感謝の気持ちを表すものです。
直接相手に挨拶が出来ない場合は、直筆の手紙などで、しっかりと気持ちを伝える様にしましょう。